ほりくり@ほりでぃWebクリエーター

Googleはモバイル向けページとしてレスポンシブを奨励している

投稿日:2013年10月30日


PC向けページとモバイル向けページの両方を提供する方法としては、つぎの3通りある。

1.レスポンシブウェブデザイン
2.端末によって別のHTMLやCSSを提供する
3.端末によってURLを分ける

この中でもGoogleはレスポンシブを奨励しているようです」。
Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法


でもどの方法でもGoogleはサポートはしているようですので
無理にレスポンシブにこだわる必要もなさそうだ。

フィーチャーフォンも未だレスポンシブに対応していない様子。
Google推奨のスマホとフィーチャーフォンに最適化したサイトの作り方



ちなみに2の方法「端末によってHTMLやCSSを分ける」場合は
HTTPヘッダに“Vary: User-Agent”を加える必要がある。

WordPressで「WPtouch」や「WPMobileDetector」プラグインを使用しモバイルページを切り分けている場合、
Varyが追加されていないようなのでfunction.phpに以下を記述する。

function add_httpheader_vary($headers) {
	$headers['Vary'] = 'User-Agent';
	return $headers;
}
add_filter('wp_headers', 'add_httpheader_vary');